« 沖縄県の県魚 グルクン | メイン | 沖縄県の県木 リュウキュウマツ »

沖縄県の県鳥 ノグチゲラ

沖縄県の県鳥、
ノグチゲラ です。

沖縄県の県鳥 ノグチゲラ
英名:Sapheopipo Noguchii (Seebohm)

この
沖縄県の県鳥、
ノグチゲラ は


世界でも珍しい一属一種のキツツキ科の鳥で、
沖縄本島北部だけに生息しており、
国の天然記念物に指定されています。

明治19年にイギリス人によって発見され、
明治21年に初めて紹介されました。

昭和30年には、琉球政府が天然記念物に指定し、
昭和45年5月9日に県の鳥として制定しました。


復帰後、沖縄県も昭和47年10月26日、
引き続き ノグチゲラ を県の鳥とすることを決めました。


[PR]
新入学応援!  ⇒ お子様の成長に合わせて調整可能な学習机♪



稼ぐ為の基本的な方法